B型肝炎給付金請求


B型肝炎とはB型肝炎ウイルスが感染して発症する肝臓の病気です。B型肝炎ウイルスには血液や体液を介して感染することが多く、性交渉や注射、刺青、ピアスなどが原因でウイルスに感染してしまうこともあります。B型肝炎ウイルスは誰でも感染してしまうリスクはありますが、昭和16年から63年生まれの方で国の集団予防接種を受けた方だと国の過失によってB型肝炎ウイルスに感染してしまった恐れがあります。

注射針この時期に行われていた集団予防接種では医師が注射針を使いまわしていたことが分かっていますし、それによってB型肝炎ウイルスに感染する人が急増しました。現在では国も過失を認めていますし、この時期に集団予防接種を受けてB型肝炎ウイルスに感染した方には給付金が支払われるようになっています。これがいわゆるB型肝炎給付金請求と呼ばれるものですが、具体的にどのような流れで給付金が支払われるのかご存知の方は少ないでしょう。

基本的にB型肝炎の給付金請求は弁護士に依頼することがほとんどです。給付金請求のためにはまず裁判所に提訴する必要がありますから、どうしても弁護士の協力なくして進めるのは困難です。このサイトでは、弁護士にB型肝炎給付金請求を依頼したときの大まかな流れなどについてお伝えしたいと思いますから、B型肝炎給付金請求をしたいと考えている方、もしかして自分もB型肝炎給付金の対象なのではと思う方はぜひ最後まで読み通してください。