Daily Archives: 18-03-07

給付金の請求


和解調書が作成されて和解の手続きを行うといよいよ給付金の請求、受け取りとなります。裁判で和解が成立したからといってそれでお終いではありませんから注意しましょう。裁判で和解しても給付金の請求をしないと受け取ることができませんし、決められた期日までに手続きを終わらせなくてはなりません。

給付金給付金を実際に受け取るときの手続きなどもすべて弁護士が行ってくれます。あとは給付金が口座に振り込まれるのを待つだけです。このように、弁護士に任せてしまえばほとんどのプロセスを弁護士が代行してくれますし、原告となる本人はほとんど何もすることがありません。そのため、B型肝炎給付金請求は多くのケースにおいて弁護士が手続きを代行しているのが現状です。

どうしても自分の手で手続きをしたい、と考えるのなら話は別ですが、基本的には弁護士に依頼したほうが良いでしょう。自分で行うことに大したメリットはありませんし、時間や手間がかかる分デメリットのほうが多いです。B型肝炎給付金請求に強い弁護士に依頼すれば滞りなく手続きを進めてくれますし、自分で手続きを行う場合に比べて早く給付金を手に入れることもできるでしょう。まずは弁護士に相談してください。